たびにっき9

3月7日 第8日目。

とうとう ツアー最終日。
今日はパリ一日フリータイムです。
きちゃない ホテルを早々に出てメトロに乗って移動!

t57.jpg



パリの駅はとてもパリらしく… オシャレです。
イスの色と形が駅によって違い それを見ているだけでも楽しかった。
赤、イエロー、オレンジ、グリーンと楽しいんです。

メトロでちょこちょこ移動していたので 乗り方も詳しくなりました(yuiが… 笑)
チケットを販売機で買っていたyuiが 外国人にチケットの買い方を教えていた!! ビックリ
もちろん、身振り手振り(笑)  感謝されてましたよ 
ははは〜 順応性の高いヤツ。

まずは プランタンとギャラリー・ラファイエットへお買い物。
t62.jpg


お店はまだオープンしていなくて 近くのカフェで時間つぶし…
英語やフランス語、話せなくても身振り手振りでなんとか欲しいものをゲット(笑)
デパートに行っても結局何も買わなかった。

小さなお店がたくさん並ぶ通りで見つけた チョコレート屋さんで買ったチョコ
t68.jpg

いちいちカワイイし…(食べる前に記念撮影!)

そしてパリといったら、そう美術館巡り。
まずはオランジュリー。
t60.jpg



t59.jpg


ここはしばらく改装でお休みで2006年にリニューアルオープンしたそうです。
円形の白い広い部屋に自然光が降り注ぐ中にモネの睡蓮の絵が浮かんでいるカンジ。
ホッと出来る空間でした。
事実 ココに座って少しの間yuiとボーッとしてました。 贅沢!

t61.jpg

オランジュリーを出てオルセー美術館へ向かう道。(写真はyuiです)
帰りにまたココを通った時、おおきなシェパードがおじいさんと一緒に歩いてました。 シェパードはノーリードで大事そうにおもちゃをくわえていました。写真撮れなかったんだけど 強烈に覚えているんです その光景。
人が結構歩いている道を堂々とノーリード! でもそのシェパードはおじいさんからつかず離れずでウホウホと遊びながら歩いていました

パリって「マンションなどで「犬を飼ってはいけない」という規則を作ってはいけない」という条例があるらしいです。(ややこしい…)
だからどんなおうちでも犬が飼える。 羨ましいです。
なのに そんな恵まれた環境なのに…
みんな 犬のウンチョをそのままにするんです。 信号待ちをしているわんちゃんがウンチョをしてもそのまま…(ちゃんと拾っている人もいたけど…)
綺麗な街なのに… 羨ましいくらいの環境なのに…

t64.jpg

セーヌ川を渡る橋の前にあるコンコースみたいなの。 ここでサックスを吹いているおじさんとかがいました。

パリも夜は怖い街になるそうで、夜のお楽しみツアー(笑)の現地添乗員さんが「夜ココをあるいていたら ナイフを持った若者に襲われた…」と言っていました。 怖いです。

セーヌ川とオルセー
t65.jpg



t69.jpg

入り口付近にいたライオン?
こんな動物モノにやっぱり目がいきます。

なかでも…

t67.jpg

The Crown Prince and his Dog Nero
1865 
Jean-Baptiste Carpeaux

もう この前から動けなかったです。
この犬の少年を見上げる表情といったら… 信頼や愛情やそんなものがいっぱいの目なんです。
そして 遠い日本に残してきた我がコを思って胸が痛くなったのは言うまでもなく…

そんな動物好きの血はyuiにも受け継がれ…
t71.jpg

 嬉しそうです(笑)
*注 もちろん触っていませんよ!!
あの渦中の大臣と違ってとりあえずの常識は持っていますから(爆)

t72.jpg

こんな作品を見ても…

t73.jpg

やっぱりやることは同じ(笑)

t66.jpg

オルセーももっとゆっくり二日間くらいかけてじっくり見たいな…


さてこの後 パリの町を色々と歩きウィンドーショッピングなどを楽しんで スーパーマーケットに行ったり。
途中で雨が降って… 寒かったけど

夜は なんと贅沢にも世界遺産ともなっているセーヌ河のディナークルーズ!
ディナークルーズって以前神戸で酔ってディナーどころじゃなかったので「どうなの?」と思ったけど 川なのであまり揺れないというのでオプションツアーをお願いしました♪

出発場所はエッフェル塔のすぐ横!
この期間 一定の時間になると…
t74.jpg

写真じゃわかりにくいけど ライトアップされたエッフェル塔がピカピカ、キラキラと光るんです。
キレイでしたよ。

この写真はミラーボールなんかが写っちゃったりしてるけど(笑)ガラス張りの船内からです。

t75.jpg

夜の川側から見る景色はまた別物。
怖いくらいに凜と佇んでる。

そんな景色とは打って変わって船内では…
t76.jpg

美味しいディナー♪
常識あるんですけど とても寒かったのでコート着ながら食べてます。(笑)

歌のおにいさんとおねいさんが出てきてムードいっぱいに歌っていたかと思えば 一転してディスコに!
同席の方達(ワタシ達の他2組)も日本人で楽しく美味しい時間が過ごせました♪

あっというまに時間が過ぎて 到着はまた
t77.jpg



このツアーはホテルまでバスで送ってくれるというものだったので 物騒な町中を歩かずにすみました。

さてさて 次の日早朝にパリとは思えない雰囲気のホテルを出て日本へ。
t63.jpg

パリの空港内。
ステキすぎます。

また行きたいな〜
絶対に行くぞ!!

結局1年かかって仕上げたたびにっき(汗)
どさくさにまぎれてアップ!

たびにっき8

3月6日 第7日目

ミラノからAir Franceにてパリへ。

t49.jpg


空港にいたハグリッド(ハリポタに出てくる大男)とワタシ
ハグリッドではないと思うけど この巨人はLEGOで出来ています。 立派!!

t50.jpg

 
機内からのアルプス。 この向こうはスイス。 スイスにも行ってみたかったなぁ…

パリに到着して 昼食はエスカルゴでした。
始めて食べたけど美味しかったです♪

t48.jpg


バスの中からの ノートルダム寺院。

有名な凱旋門も結局バスから見ただけ。
もっと時間があったら行って登って見たかったです。

その後 ワタシがとても行きたかったルーブル美術館へ。
t51.jpg



t52.jpg



t53.jpg



そしてこれがモナリザよりもミロのヴィーナスよりも見たかった…

t54.jpg




サモトラケのニケ

素晴らしかったです。 
鳥肌がパァ〜っと立ちました。
あぁ、もっとゆっくり見たかった…

t58.jpg


これルーブルで(ツアーの皆さんをちょこっと待たせて…)買った本。
ルーブルで展示されている作品の中から 犬だけを抽出して作られている写真集です。
時間があったら この犬巡りなんていう見方も楽しいよね。

そして パリと言えばこれ!

t55.jpg



そう エッフェル塔です。
なんだろう? なんか品があるんですよね その佇まいに…
華美じゃない色使いが 美しさを引き立たせてる。
足元のこの曲線がやさしいカンジもするよね。

t56.jpg


塔にも登りたかったな…

いつか 絶対にまた行くぞ!! 
今度はゆっくりとパリとフィレンツェで過ごしたいな…
お金貯めよう! (サマージャンボも買ったし!!)

夕食食べてこのツアー最後のホテルに…
それが パリなのに… あこがれのパリなのに…
テレビも壊れて洗面台も壊れてバスも汚い 今までで最悪なホテルでした(一応 ホテルはAクラス以上のツアーだったのに… 涙)

でも この日も時間的に寝るだけだったし明朝は一日フリーなので早めにホテルを出、帰りはお楽しみなオプショナルツアーを入れたので遅いし…
と、ガマンしました。

つづく…

たびにっき7

ミラノのドゥオーモ

すごかったです!!

t33.jpg


修復中でこの時は「camper」の看板がかかってました。
なんでも ず〜っと修復中なのだそうです(笑)

このドゥオーモには145本の小尖塔、外部に2200体、内部に1300体の彫像が立ててあり、中央の最も高い尖塔の上には黄金に輝く聖母マリアの像が見られます。
t34.jpg


昔はこのマリア像より高い建築物を建ててはいけないとされていたそうです。
フリータイムの時に せっかくだからと上に登ってマリア像を近くでみてきました。

でもまず ドゥオーモの中へ
t35.jpg


中への扉には「聖母マリアの喜びと苦しみ」が描かれています。
向って右側がキリストの生誕で喜び、左側がキリストの磔刑で苦しみのマリア。

t36.jpg



t44.jpg


ステンドグラスが綺麗なドゥォーモですが 長い歴史の中でその作り方を紛失してしまい 試行錯誤で作られたガラスがこちらだそうです。
色合いが今より暗い

t45.jpg


中央のステンドグラスにも キリストの一生が描かれているそうです。

さてさて 黄金のマリア像を目指して上まで登ってみました。
といっても 無料の階段ではとても登る気にはならず有料のエレベーターに!(笑)
でも エレベーターを降りてからやっぱり少し登るんです。

t41.jpg


高所恐怖症のワタシにはこの写真は撮れません(恐)
コワイモノ知らずyuiが 身を乗り出して撮ってました
もちろん そんな姿を見るのもコワイのでしっかりとyuiを掴んでましたが…
t42.jpg


この写真も 落ちるんじゃないか〜って思うほどせり出して撮ってました。ハァ…
ちなみに 地上の何かわからない看板です。

t43.jpg


この1本1本に歴史あり!

t40.jpg


で やっと会えた(笑)煌びやかなマリアさま

降りるのももちろん ぴゅ〜っとエレベーター!

t47.jpg


そのひとつひとつがため息が出るほど精巧で美しい建物でした。

t46.jpg


いつかまた…

ドゥオーモを後にファッションのミラノですからお買い物に…

でも 結局スーツケースがいっぱいでやばかったので手荷物で使える大きめバッグを「La Rinascente」という大型デパートで買っただけかな?
ヤバイ、日が飽きすぎて既に忘れてる… これからまだパリ編もあるっていうのに…

で 気持ちだけは焦ってパリ編に続く!

たびにっき6

久々のたびにっき(汗)

雨のベネチュアを後に 一路ミラノへ。
ミラノのホテルは結構町中で便の良いところでした。

そのホテルでyuiが買ったアイスの絵♪
t32.jpg


かわいい。

しかし… 毎日ジェラード食べてるのに まだアイスが食べたかったらしい…

翌日から ミラノ観光(第6日目 3月5日)

t29.jpg


まずスカラ座の建物を見て(笑)その向かいにあるスカラ広場へ。

t38.jpg


そこには ダビンチとその4人の弟子の像があります。

そこからすぐのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

t31.jpg


巨大なガラス製のドーム型のショッピング・アーケードです。
素晴らしかった。
ゴージャスでした!!
ここにはPRADAの本店があります(あまり興味ななかったので 行かなかったけど…)

ここにあるコレ↓もゴージャス!!
t30.jpg


マックもここでは 金色!
フリータイムにわざわざココで一休み♪
若干お高めでしたけど…(笑)

旅も6日めになると その昔、「タバコとコーヒーのどちらをとるか!」と考えて(将来のお肌のために… シミコワイでしょ!)即断でコーヒーをとるほどのコーヒー好きのワタシはコーヒーが恋しくて禁断症状が出るほど!(笑)
イタリアでコーヒー(カフェ)といったらエスプレッソなんです。
普通のあの日本でよく飲むコーヒーを探し求めたのですがないっ!
ホテルの自動販売機もエスプレッソ(涙)
エスプレッソも嫌いじゃないが やっぱり豆をふんだんに使い濃いめに入れたあのコーヒーに勝る物はないじゃない!
マックでも やっぱりそんなコーヒーはなく…
仕方がなくコーラ飲んでました(涙)

でもってそんなワタシの願いは放っておかれて スフォルツェスコ城
t39.jpg


14世紀に建造された城壁 今は市立美術館らしいです。

その建物の中庭のような所に こんなものが…
(この人の影の中にワタシとyuiがいるんだけど 自分でもどれなのかわかりませんでした! 笑)
t37.jpg


大きな丸い石の玉。
昔大砲に使おうと思ったらしいですが 重くて全然飛ばなかったらしい…(笑)
この中庭には猫がたくさん住み着いているんですよ。
その一匹一匹に名前がついているそうです。
(猫の写真、遠くて全滅でした 涙)
しかも この猫ちゃん達のカレンダーというのが売られていて その収益金からエサをもらっているそうです。
自立したネコさん!(笑)

この後 ミラノ名物のカツレツとリゾットをいただきました♪
う〜ん、美味!

お次はミラノのドゥオーモ。
この建物 この旅行で見た建造物の中でイチバン凄かった!
ので お写真編集にもちろん時間がかかります(笑)

たびにっき5

3月4日5日目
(おおっ 3,4,5と並んでる!)

この日は楽しみにしていた ヴェネツィア(ベニス)へ行く日でした。
朝 フィレンツェをたちヴェネツィアに近づくほどに雲行きは怪しくなり…

ボートに乗る頃には雨。。。

t15.jpg

ボートからの風景…

t25.jpg


どんより…

段々と雨、風が強くなり 楽しみにしていたヴェネツィア名物のゴンドラに乗ることが出来ませんでした(涙)

なんてったって この豪雨。
遠く離れた日本でもニュースになった程!!。
ワタシの父が それを見ていて「大丈夫だったんだろうか?」と心配してくれたらしい(かわいい孫の事を… 笑)

t26.jpg


お天気だったらもっと綺麗だったのにね。

「絶対にリベンジしてやる!
 絶対にまた来るぞ!」と心に誓ったワタシなのである。 

t27.jpg

サン・マルコ寺院

t28.jpg


このドゥカーレ宮殿の尋問室と古い牢獄を結んでいるのがあの有名な「ため息橋」
ここからの眺めが囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色であったのでこの名前がついたらしい。

そのため息橋を渡って 牢獄を見てきました。
宮殿内の大評議会の間にある 世界最大の油絵と言われる「天国」も見ることができました。

ヴェネツィアでも自由時間があったのですが 結局すごい雨でどこにも行けず… ヴェネツィアングラスの工房内でうろうろしてました。

いっぱいの心残りを置いて ヴェネツィアを出て その後ミラノへ

たびにっき4

3月3日(4日目)はフィレンツェを朝に立ち こちらへ。

t20.jpg


ピサへ。

t19.jpg


斜塔を支えるyui(笑)
みんな変なポーズで写真を撮っていました。
両手で支えたり 足で支えたり。
その姿を見てるだけでなかなか笑えます!!

t21.jpg


そう、ピサの斜塔です。
本当に斜めに建っていました。
こんな細長い建物なのに これ以上倒れないのが不思議な感じでした。

t22.jpg



足元の写真の方が斜塔具合がわかるでしょう?!
へんなカンジ。

t23.jpg


自由時間にyuiと入ったドゥオーモの中
ここは 白と黒を基調にしたロマネスク様式。
他のドゥオーモに比べると コンパクトで大人しいイメージ

さてさてここピサの斜塔やドゥオーモが並ぶ「奇跡の広場」は世界遺産なのですが ここでもやはり…
 
t16.jpg


ノーリードのわんこ(笑)

もちろん建物の中には入れませんが
t18.jpg


この後、この芝生の上を堂々と歩いていました。
こちらの人たちも別に気にする様子もなく…
いいなぁ… この芝で遊ばせたかったなクリッシュ。

ミラノまでのバスでの観光はずっとこのバスでした
t24.jpg



乗り心地(寝心地というべきか? ずっと寝ていた気がします 笑)はサイコーでした♪

午後からはフィレンツェに戻り 自由時間。
ツアーのオプション(無料!)で連れて行ってもらえる「The Mall アウトレットショッピングセンター」に行きました。

そこで yuiと共に HOGANのバッグをお買いあげ♪
お買い得でした!!

その後 フィレンツェ市内で解散。
[フィレンツェに行ったら ここだけはハズせない!]と決めていた IL BISONTEの本店へ。

こちらでもお買い物を少々(笑)

夜 ヴェッキオ橋の近くのお店でパニーニを買い、またまたジェラードを食べながら 待っていてくれたバスでホテルまで。

そして まだまだたびは続くのでした。

たびにっき3

早朝ローマを後にし バスにて4時間、フィレンツェへ

まずは サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。
t6.jpg


結局この日くらいじゃないかな? こんな青空だったのは…
ほどんど小雨の毎日でした(涙)

t7.jpg


どんな小さな装飾も手を抜かずに美しい。

お次はシニョーリア広場
t9.jpg


フィレンツェに行ったらこの場所を覚えておくと 迷わずに歩けると思う。
ワタシ達もココを軸に動いていました。

で その広場のすぐ横にあるウフィツィ美術館へ
館内撮影禁止なのだけど 回廊から外を写すのは許されているらしいです。
その回廊から撮った ヴェッキオ橋

t11.jpg


フィレンツェで最も古い橋らしいです。
こんなおもちゃみたいな橋なんだけど…(笑)

次の日の自由時間に橋を渡ってみたのだけど 左右にびっしりと金銀細工店が並んでいて橋を渡っているっていうカンジではないです。
普通に通りのひとつのよう。

こうして 外から眺める方がかわいい♪

t10.jpg


夜に行ったミケランジェロ広場の ダビデ像と 次の日に行った昼間のダビデ像。
この広場からかは フィレンツェの街が一望できます。

t13.jpg


ヴェッキオ橋も見える♪

t14.jpg



フィレンツェの人がたくさん行き交う道を 犬は飼い主と時にはノーリードで歩いていたりしてました。
小さな犬も大きな犬も…

ジェラードを食べて休憩してたら 綺麗な女の人がシェパードを連れて歩いていた。 (シェパード結構多かったです)
「あら いい雰囲気」と思って見ていたら 普通に犬を連れたままメガネ屋さんに入っていきました。  

t12.jpg



しかも リード持ってないし…

この後 「ZARA」に行ったらそこでも 中型犬くらいの大きさの犬が飼い主と一緒に服を選んでました。(飼い主の。。。)

いいなぁ〜 羨ましいなぁ
こんな人混みを歩かせるのは可哀想だけど 愛犬とどこでも一緒に行けるなんて素敵だな。
日本では考えられないもんね。

たびにっき2

たびにっきの続き

コロッセオなどを回った日の午後は自由行動でした。
街中の三越で解散!
そこからバス移動に挑戦!

小さなお店でチケットを買い 40番のバスに乗る。
でもそこから乗ったのはワタシたちだけだったので システムがわからず…
チケットもチェックされず 乗り込む!
後に知ったのですが バスに乗ったらチケットをリーダーに通さなければいけなかったらしい。
これ しないと罰金払わされるんだって〜
ひぇ〜

で、向かった先は バチカン博物館。

ところが終点でバスを降りてから この博物館までが遠かった!
バチカンの城壁に沿ってテクテク。

でも 歩いた甲斐がありました。

0803191.jpg


豪華絢爛。

0803192.jpg


天井がずっとこんななので 上を見上げて歩いたせいで頭がクラクラしてしまった。

でも ひとつひとつに物語があって面白かったです。

見たかったシスティーナ礼拝堂

t8.jpg


ミケランジェロの「最後の審判」です。

この写真を撮った後 係員が飛んできて「写真を撮ってはいけません!」って言われちゃった。
だから貴重な写真!(笑)

ここの天井画がまた素晴らしくて 再び頭をクラクラさせながら見入っていました。

博物館を出た後は 今度は地下鉄に挑戦してスペイン広場へ
(人がすごかった〜 で 写真ナシ)
ここは映画「ローマの休日」で、オードリー・ヘプバーン扮する王女がジェラートを食べたシーンで有名ですね
でも今はここでの飲食は禁止なんだそうです。

疲れたので ファーストフード店的なピザ屋で一休み。
あま〜いクレープとポテトを食べる♪
その後町中を散策。

色々歩きまわって 日も暮れた頃に夕食!

0803193.jpg



美味しかったけど すごい量でした。。。

この後タクシーにも初挑戦。 
どうにかホテルへと戻れたのでした。

そうしてたびはまだまだ続きます

たびにっき1

*他に日記もつけていないので(cyokotto diaryは容量が少ないので…)
 ここに旅の記憶を綴っておきます。
 長くなるかもしれませんので 適当に読んでくださいまし。
 クリッシュ日記は↓に書いてます

 
2008/2/29 成田よりKLMオランダ航空にて日本を出発(12時間)アムステルダムで乗り継ぎ(2時間)ローマへ

飛行機長かった!  機内食が2回(機内食な味です 笑)の他に
着く2時間位前に 「カップヌードルとアイスどちらにしますか?」と回ってきた。 すごい選択肢!  アイスにしたけどね。(ちなみにカップヌードルはあの小さな○清カップヌードルのシーフードとノーマルのでしたよ)

機内ヒマだったので 映画(「パイレーツ・オブ・カリビアン3」「Bee Movie」「マダガスカル」の3本!)を見たりテトリスしたり yuiとオセロで戦ったり…

この日泊まりのホテルに着いたのは もう真夜中でした。
クタクタ。

翌日ローマにて

t1.jpg

バチカン市国(ローマ市内にある世界最小の主権国家)

イタリアとフランス。実はもう一つ別の国にも行った事になるのですね。
(あっ、乗り換えでオランダにも行った!?
 パスポートのハンコはアムステルダムだし…)

生憎の雨でした
雨でもこの物憂げな雰囲気がとても絵になるイタリア
 とでも思わないとやり切れない。こんな遠いところに来て雨なんて…
 いったい誰の行いが悪いのさ? まったく!(全然自分と思っていない)


t2.jpg

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂。

このミケランジェロのピエタ像。(写真中央)
以前テレビで見て すごく感動した。
実はここにあるのを知らなくて…

見たとき胸が熱くなって言葉がでなかった。
一人で行っていたら 時間を忘れてずっとこの前に立っていたかもしれない。

以前は像との間にガラスがなく近くで見られたそうですが 心ない人に金槌で数カ所割られて以来 ガラスのむこうに…。(ガイドさんが教えてくれました)
ミケランジェロ23歳の時の作品。


t3.jpg

コロッセオ

中には時間がなくて入りませんでしたが…

建物にポツポツと空いている穴は使われていた金属を戦争に用いるために抜いた跡だそうです。
なので 今はほとんどの金属なしにこの大きな闘技場が建っていることになるらしい。
でかいのに すごいね。 古代の人は!

t4.jpg


昔はここに水を張ってプールみたいに使われたり 全天候型ドームのように取り外し出来る屋根があったそうです。

t5.jpg

トレビの泉(水が写っていないけど)

投げてきましたよ コインを
「再びここに来られますように…」と願いながら。

昨日タイムリーな事にベッキーちゃんが トレビの泉をお掃除しているTVを見ました。
ここには一日23万円ほどの コインが投げ込まれ集まったお金はローマ市のものになり 慈善団体へ寄付されているらしいです。

ワタシ達のわずかなコインもそこへ行くのね。
嬉しいです

小雨にもかかわらず イタリアといったらジェラードでしょ?と この近くにあったジェラード屋さんに行きました。(トイレも兼ねて… イタリアってこんなに観光都市なのに公衆トイレがすくないんですよ。噂によるとこちらの方はおトイレが遠いらしいです。 トイレはほとんどが有料でした。ここもそう!)
さすがに日本人観光客が多いらしく このジェラード屋さんには「ナカタ スペシャル」というものがありました。 食べなかったけどどんな味なんだろう?

ということで 楽しい旅はまだまだつづく〜